証拠文書を保存する!

取引先やお客様とのやり取りにメールを利用するメリットとして、電話と違い、やり取りが電子データとして残ること、そして、見積書等のファイルをやり取りができることがあります。そのため、メールは、取引先やお客様とのやり取りにおいて、電話などに比べ、より的確に情報を相手に伝えることができます。

<p">しかし、そんなメールであっても、誤解やミスコミュニケーションの発生するリスクはなくなりません。そんな場合、メールが保存されていれば、当事者の証言に頼らず、部門長が問題が発生した際にアーカイブからメールを検索し、いつだれが、どんなやり取りを取引先やお客様と行ったかを検証し原因究明を行うことができます。 use3.jpg

証拠文書を保存する!

取引先やお客様とのやり取りにメールを利用するメリットとして、電話と違い、やり取りが電子データとして残ること、そして、見積書等のファイルをやり取りができることがあります。そのため、メールは、取引先やお客様とのやり取りにおいて、電話などに比べ、より的確に情報を相手に伝えることができます。

<p">しかし、そんなメールであっても、誤解やミスコミュニケーションの発生するリスクはなくなりません。そんな場合、メールが保存されていれば、当事者の証言に頼らず、部門長が問題が発生した際にアーカイブからメールを検索し、いつだれが、どんなやり取りを取引先やお客様と行ったかを検証し原因究明を行うことができます。 use3.jpg