標準機能

1) Eメールの配信履歴管理機能

HDE Mail Application Server #Deliveryでは誰に、どのような内容のEメールを、いつ送信したか瞬時に判別可能です。また、エラーメールとして返ってきたEメールをエラー種類別に判定可することも可能です。エラーメール検知によるEメールの到達確認にも対応します。

2) Eメールの配信制御機能

メールサーバーの送信状況をリアルタイムに確認可能です。ドメイン別の配信速度指定、優先メール配信にも対応します。

speed.gif

3) 携帯電話キャリア/ISPなどへの高速Eメール配信機能

送信先アドレスを正規表現で分類し、接続数、送信間隔などをコントロールすることが可能。IPリボルビングによる高速メール配信を実現しています。

ip.gif

4) エラーメールの処理/分類

エラーメールは、SMTP応答コードだけでは十分に分類できません。HDE Mail Application Server #Delivery では、独自のメール判別ロジックを内包しています。

error.gif

5) 送信ステータスや送信ログを一覧表示/取得可能

1通毎に送信statusを記録できます。SMTP通信の前後で記録を行うため正確な状況把握が可能で、「未送信/送信中/送信済み」を把握可能です。

status.gif

6) 高速配信/配信速度コントロール可能

既存のメール配信のボトルネックとして、セッション数不足やspool処理のためのDisk I/O増が上げられます。HDE Mail Application Server #Deliveryでは、セッション数を自由に設定可能にし、OnMemoryでspool処理可能にし、解決をしています。1時間辺り100万通を超える配信を、1台のテスト環境で記録しています。

7) 顧客ごとにメールを「組み立てる」ことが可能

顧客データを差し込み、One to Oneのメール生成ができます。顧客データを参照して、文面ブロックごとに組み合わせたメール生成も可能です。

bunmen.gif

8) 各種Eメールマーケティング機能

携帯Eメール向けの絵文字対応やデコメール対応、顧客の反応状況を見るクリックカウント機能、顧客データ別の氏名の差込や文面差込機能など、Eメールマーケティングに必要な基本機能を備えています。
emoji.gif

click_count.gif

9) エンハンスドBCC機能

Eメールの全アーカイブに対応するため、HDE Mail Application Server #Deliveryでは通常配信とは別に、メールのエンベロープ情報も含めた配信メールを100%そのままの形で送信する事ができます。
net-mf.gif

10) インテリジェンスリレー機能

任意のメールヘッダ情報を参考に、転送先サーバーを自由に設定することができます。 この機能により、メールゲートウェイタイプのサーバーでの署名付与や 暗号化、アーカイブ、フィルタリングなどの有無をインテリジェントにコントロールすることができます。
net-hsm.gif

11) Session BeanによるAPIの提供

HDE Mail Application Server #Deliveryは、JBoss上で動作をします。メール処理に関する個々の機能はSession Beanとして公開しています。


Java_icon.jpgJBoss_icon.jpg

12) 他システム(データベース)との柔軟な連携機能

基幹システムや他システム(データベース)と連動して、様々なメールの自動配信を可能とするメールコントローラー機能を持ちます。ファイルとスクリプトによる自動メール配信にも対応します。



HDE Mail Application Server #Delivery 機能詳細リスト

機能詳細リスト
Eメールの配信機能 大量なメールの一斉配信
テンプレートに従った個別配信
配信履歴管理
メールヘッダによる配信制御
リアルタイム配信確認
詳細な配信ステータス管理
スプール優先度機能
マーケティング機能 絵文字
デコメール機能
クリックカウント機能
顧客データ差込
顧客データ別文面差込
携帯電話キャリア/ISP向け高速配信機能 配信スピード調整
セッション数調整
IPリボルビング機能
独自エラーメール処理
セキュリティ機能 エンハンスドBCC
インテリジェントリレー
SMTP AUTH
機能拡張 XMLによる処理制御
EJBによる他システムと連携
JDBCによる各種DBとの連携
柔軟なシステム構成
障害時機能 詳細なロギング機能
システム負荷管理機能

標準機能

1) Eメールの配信履歴管理機能

HDE Mail Application Server #Deliveryでは誰に、どのような内容のEメールを、いつ送信したか瞬時に判別可能です。また、エラーメールとして返ってきたEメールをエラー種類別に判定可することも可能です。エラーメール検知によるEメールの到達確認にも対応します。

2) Eメールの配信制御機能

メールサーバーの送信状況をリアルタイムに確認可能です。ドメイン別の配信速度指定、優先メール配信にも対応します。

speed.gif

3) 携帯電話キャリア/ISPなどへの高速Eメール配信機能

送信先アドレスを正規表現で分類し、接続数、送信間隔などをコントロールすることが可能。IPリボルビングによる高速メール配信を実現しています。

ip.gif

4) エラーメールの処理/分類

エラーメールは、SMTP応答コードだけでは十分に分類できません。HDE Mail Application Server #Delivery では、独自のメール判別ロジックを内包しています。

error.gif

5) 送信ステータスや送信ログを一覧表示/取得可能

1通毎に送信statusを記録できます。SMTP通信の前後で記録を行うため正確な状況把握が可能で、「未送信/送信中/送信済み」を把握可能です。

status.gif

6) 高速配信/配信速度コントロール可能

既存のメール配信のボトルネックとして、セッション数不足やspool処理のためのDisk I/O増が上げられます。HDE Mail Application Server #Deliveryでは、セッション数を自由に設定可能にし、OnMemoryでspool処理可能にし、解決をしています。1時間辺り100万通を超える配信を、1台のテスト環境で記録しています。

7) 顧客ごとにメールを「組み立てる」ことが可能

顧客データを差し込み、One to Oneのメール生成ができます。顧客データを参照して、文面ブロックごとに組み合わせたメール生成も可能です。

bunmen.gif

8) 各種Eメールマーケティング機能

携帯Eメール向けの絵文字対応やデコメール対応、顧客の反応状況を見るクリックカウント機能、顧客データ別の氏名の差込や文面差込機能など、Eメールマーケティングに必要な基本機能を備えています。
emoji.gif

click_count.gif

9) エンハンスドBCC機能

Eメールの全アーカイブに対応するため、HDE Mail Application Server #Deliveryでは通常配信とは別に、メールのエンベロープ情報も含めた配信メールを100%そのままの形で送信する事ができます。
net-mf.gif

10) インテリジェンスリレー機能

任意のメールヘッダ情報を参考に、転送先サーバーを自由に設定することができます。 この機能により、メールゲートウェイタイプのサーバーでの署名付与や 暗号化、アーカイブ、フィルタリングなどの有無をインテリジェントにコントロールすることができます。
net-hsm.gif

11) Session BeanによるAPIの提供

HDE Mail Application Server #Deliveryは、JBoss上で動作をします。メール処理に関する個々の機能はSession Beanとして公開しています。


Java_icon.jpgJBoss_icon.jpg

12) 他システム(データベース)との柔軟な連携機能

基幹システムや他システム(データベース)と連動して、様々なメールの自動配信を可能とするメールコントローラー機能を持ちます。ファイルとスクリプトによる自動メール配信にも対応します。



HDE Mail Application Server #Delivery 機能詳細リスト

機能詳細リスト
Eメールの配信機能 大量なメールの一斉配信
テンプレートに従った個別配信
配信履歴管理
メールヘッダによる配信制御
リアルタイム配信確認
詳細な配信ステータス管理
スプール優先度機能
マーケティング機能 絵文字
デコメール機能
クリックカウント機能
顧客データ差込
顧客データ別文面差込
携帯電話キャリア/ISP向け高速配信機能 配信スピード調整
セッション数調整
IPリボルビング機能
独自エラーメール処理
セキュリティ機能 エンハンスドBCC
インテリジェントリレー
SMTP AUTH
機能拡張 XMLによる処理制御
EJBによる他システムと連携
JDBCによる各種DBとの連携
柔軟なシステム構成
障害時機能 詳細なロギング機能
システム負荷管理機能